YKT株式会社

JIMTOF2014 出品機紹介

JIMTOF2014 出品機紹介
JIMTOF2014 出品機紹介

マイクロホブ盤の精密さと大型機並みのクランプ力1200Nを併せ持ち、
モジュール1mmまで対応

写真

アフォルター社 : CNC高剛性精密ギヤ加工機「Gear AF110」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • 最大モジュール1mm、切削長90mm、ワーク径60mm 、ホブ径50mm
  • CNC7軸、工具主軸同期回転数 12,000rpm、工具軸自動旋回角度 -45/+30°
  • HRC60の焼入れ材を精密にスカイビング加工、遊星歯車用ギヤ、高速回転用精密ギヤに最適
  • CNC制御が実現するバリを抑制した加工

誰でも簡単作業、短時間に本格的なドリル再研磨が可能

写真

ダレックス社 : 卓上型CNC4軸ドリル再研磨機「XPS-16+」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • 加工範囲:φ3 ~ 16mm、L:50 ~ 260mm 2枚刃、超硬、
    ハイス
    ポイント角:円すい90°~150°/平面二段115°~ 150°
    シンニング:R型、X型
  • 超硬&ハイスの標準タイプドリルを短時間に再研磨
    超硬φ9.8mm、ファセット、Rシンニング 合計1分20秒
    HSSφ16.0mm、円錐、X型シンニング 合計1分25秒
  • 日本の厳しい再研磨の公差に応える品質
  • 乾式研削による優れたメンテナンス性とクリーンな作業環境

最新研削技術に画期的な偉業を投じるドクター・ミュラー社

写真

ドクター・ミューラー社 : 研削砥石

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • 1935年にメタルボンドを発明したCBN&ダイヤモンド砥石製造メーカ
  • CBN&ダイヤモンド砥石など関連商品90,000種類をオーダーベースで製造し、3~4週間の短納期及び単品注文に対応
  • 光学レンズ専用研削砥石も30~40%の割合で納入実績が多い
  • 新開発ボンド“PowerOne-Matrix”が高性能溝研削実現。切込み量と送り速度を同時に改善でき、研削時間を短縮

5軸制御マシニングセンタ、大型マシンニングセンタの著名なメーカに採用され、重電、航空機業界ではユーザーにも導入が拡大

写真

エタロン社 : 工作機械空間補正システム「レーザトレーサシリーズ」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • エタロンの空間補正が工作機械の誤差を大幅に改善
  • 直動軸の自由度に加え、工具主軸旋回、ワークテーブル回転軸、傾斜軸の誤差も特定
  • 僅か1時間11分の空間誤差測定を達成
  • 追従測定による経験不要の簡単操作
  • 主要コントローラに対応した空間補正データの出力

88チャンネル、20 mまでを不確かさ0.5 μm/mで絶対測長長距離測長を干渉計の精度で実現

写真

エタロン社 : 絶対測長干渉計システム「アブソリュートマルチライン」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • U95%=0.5 ppmの不確かさで0.2~20 mの絶対測長を実現
  • 安定化HeNeレーザとの相対偏差分布で0.17 ppmを達成
  • チャンネル数88、テレコムファイバ長5 Kmまで対応し、幅広い用途に利用可能
  • 電気センサ不要のミニチュア光学部品とテレコムファイバ、リフレクタのシンプル測定チャンネル
  • 最大周波数500 kHZで約2秒の測長時間

豊富な測定ツール搭載シャンク工具専用顕微鏡

写真

ユーロテック社 : 横型旋回式工具専用顕微鏡「PG 1000-400 Advanced REACTION」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • 測定範囲:φ0.5~16mm、L:約300mm
    対象工具:エンドミル、ドリル、リーマなどのシャンク工具
    ズームレンズ:12.5~145倍
  • 高解像度130万画素CCDカメラ搭載
  • エッジの自動認識機能がヒューマンエラーを抑制

管理された刃先形状が摩耗やチッピングを抑制し、工具寿命を安定化

写真

ジーエフエム社 : 非接触工具刃先R測定機「MikroCAD Premium」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • 測定範囲:2.4×1.8×1mm
  • 光学系LED、カメラ1600×1200ピクセル、被写界深度方向安定高精度テレセントリックレンズ搭載
  • グラナイトプレート:幅450×奥行350×厚さ30mm(Z移動範囲約500mm)
  • 工具刃先Rの繰り返し精度1μm以下
  • 測定時間30秒の短時間測定
  • 豊富な刃先測定専用ソフト

カム式のサイクルタイムと全軸CNCの高い汎用性の融合

写真

インデックス社 : CNC多軸自動盤「MS16C」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • 最大棒材径16mm、主軸スピンドル6本、最高回転数10,000rpm
  • 全主軸スピンドル独立回転制御がもたらす各スピンドルでの最適な加工
  • CNCが実現する最短2-3時間のセットアップタイム(棒材径同一の場合)
  • 合計11式の刃物台による複雑加工の対応性、総型工具採用による同時加工がサイクルタイムの短縮を実現
  • センタースライドのない構造がもたらす切粉の優れた排出性と優れた作業性

ダイヤモンド砥石やCBN砥石のあらゆる形状のドレッシングに優れた能力を発揮

写真

キルナー社 : 砥石成形ドレッシングシステム「K43C」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • CCDカメラモニタリングシステム
  • マルチズームレンズ9~110倍
  • 最小R0.05mm/ワーク最大径350mm
  • 自動オシレーション機能
  • クイックチェンジスピンドル機能

刃先ホーニング、コーティング膜のドロップレット除去に国内工具メーカの生産に貢献

写真

マグネットフィニッシュ社 : 切削工具表面仕上げ装置「MF62CA」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • 加工範囲: φ0.2~16mm(シャンク径:φ2~16mm)
    L:5~300mm
    超硬、ハイスピードスチール材
  • 外周処理用磁性フランジ2枚、底刃用磁性フランジ1枚搭載
  • ドリル、エンドミル、タップの底刃、外周処理に対応
  • φ300mmのロングドリルの溝仕上げが可能(最大径φ6mm)
  • 旋回式磁性フランジが実現するボールエンドミルの均一な刃先処理

写真

オージーピー(QVI社) : ビデオ投影機「c-vision Floor Model」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • テレセントリック光学系による鮮明な画像
  • SmartScopeが証明する高度な画像処理能力
  • 全自動寸法測定による人的誤差の解消
  • CAD投影によりチャート紙不要の形状評価が可能

写真

オージーピー(QVI社) : マルチセンサー対応 非接触三次元寸法測定機「Smart Scope CNC670」

西展示棟(East Exhibition Hall)【W3043】

  • 光学センサーによるXYおよびZ(高さ)の自動測定が可能
    ⇒顕微鏡・投影機・ハイトゲージなどの測定の自動化・高精度化
  • グラナイトベースにより高い剛性を確保
  • マルチセンサー測定により、多機能化
    ⇒測定機導入コスト、スペース、段取り替え時間を削減しつつ、測定能力UP
  • 操作性に優れる測定ソフトウェア
    ⇒モデル画面とマウス操作を多用し、オペレーターの負担を軽減

写真

オージーピー(QVI社) : マルチセンサー対応 非接触三次元寸法測定機「Smart Scope ZIP600 Multisensor」

西展示棟(West Exhibition Hall)【W3043】

  • 光学センサーによるXYおよびZ(高さ)の自動測定が可能
    ⇒顕微鏡・投影機・ハイトゲージなどの測定の自動化・高精度化
  • グラナイトベースにより高い剛性を確保
  • マルチセンサー測定により、多機能化
    ⇒測定機導入コスト、スペース、段取り替え時間を削減しつつ、測定能力UP
  • 操作性に優れる測定ソフトウェア
    ⇒モデル画面とマウス操作を多用し、オペレーターの負担を軽減

写真

オージーピー(QVI社) : マルチセンサー対応 非接触三次元寸法測定機「Smart Scope ZIP250E Multisensor」

西展示棟(West Exhibition Hall)【W3043】

  • 光学センサーによるXYおよびZ(高さ)の自動測定が可能
    ⇒顕微鏡・投影機・ハイトゲージなどの測定の自動化・高精度化
  • マルチセンサー測定により、多機能化
    ⇒測定機導入コスト、スペース、段取り替え時間を削減しつつ、測定能力UP
  • 操作性に優れる測定ソフトウェア
    ⇒モデル画面とマウス操作を多用し、オペレーターの負担を軽減

写真

オージーピー(QVI社) : マルチセンサー対応 非接触三次元寸法測定機「Smart Scope VANTAGE 250」

西展示棟(West Exhibition Hall)【W3043】

  • 光学センサーによるXYおよびZ(高さ)の自動測定が可能
    顕微鏡・投影機・ハイトゲージなどの測定の自動化・高精度化
  • マルチセンサー測定により、多機能化
    ⇒測定機導入コスト、スペース、段取り替え時間を削減しつつ、測定能力UP
  • 極めて高い追従性を持つTeslestar TTLレーザー
    ⇒従来の垂直入射型反射式レーザーに比べ、圧倒的に高い追従性を持つ
    ⇒精度を犠牲にすることなく、3D形状の測定・スキャンに高い効果を発揮
  • 操作性に優れる測定ソフトウェア
    ⇒モデル画面とマウス操作を多用し、オペレーターの負担を軽減

写真

ビュー・マイクロメトロロジー(QVI社) : 高速・高精度 非接触三次元寸法測定機「Pinnacle 250」

西展示棟(West Exhibition Hall)【W3043】

  • 低倍率・高倍率ともに独立した光学系と、交換式対物レンズを搭載
    ⇒従来の自動測定機に比べ、広範囲の倍率を切り替えて使用できる
  • グラナイトベースにより高い剛性を確保
  • より早く、より高倍率で、より高精度
    ⇒汎用性ではSmart Scopeに劣る部分もあるが、微細形状ワークや測定箇所の多いワーク、高精度にして高速な測定では群を抜く

合金材料に依存しない、回転円筒カソードによる組成比制御がもたらす被膜寿命の改善

写真

プラティット社 :回転円筒カソード式 アークPVDコーティング炉「π411」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • ドア・ツー・ドア 3.5時間の高速コーティング炉:
    AlTiCrN (膜厚2μm)、エンドミル(3重回転、連続処理)
  • Ti, Al, Cr純金属材料で下記被膜の蒸着が可能:
    CrTiN,TiAlN(50/50%), AlTiN(55/45%), AlCrN(60/40%),AlCrN(70/30%), AlTiCrN, AlCrTiN
  • コーティング領域:φ500×H460mm (炉サイズ:W650×D670×H675mm)
    エンドミル φ10x70 mm: 504本
    インサート φ20x6 mm: 2940個
    ホブ φ60 x 80 mm: 56本

驚異的な脱膜時間の短縮とコバルト浸出の抑制
超硬CrTiN, AlCrTiNの脱膜を実現

写真

プラティット社 :脱膜システム「PLATIT-CT」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • TiAlNで従来比で60倍早い驚異的な短時間処理
    超硬ドリル   AlTiN (膜厚3μm) → 処理時間 約12分
    超硬ホブ      CrTiN (膜厚5μm) → 処理時間 約14分
    超硬ドリル   AlCrTiN (膜厚2.8μm) → 処理時間 約12分
    超硬ホブ      AlCr系 (膜厚8μm) → 処理時間 約5分
    ハイスホブ   AlCrN (膜厚4μm) → 処理時間 約5分
  • AlTiN、CrN、CrTiN、AlCrTiN、AlCrN、AlCrSiN、TiAlSiN、TiSiNはTiNを密着層にして、超硬のコバルト浸出を抑制
  • CrTiN、AlCrTiNの超硬からの短時間の脱膜を実現
    CrTiNの脱膜40時間を14分に短縮

高付加価値をもつ高硬度材、難削材の量産部品をバリなく、結晶構造変化なく、電極消耗もなく高速精密加工

写真

ペムテック社 : 精密電解加工機「PEM400」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • 高硬度材、難削材は精密電解加工で差別化
  • 電極消耗がなく、粗から仕上げまで同じ電極で高い再現性を実現
  • バリ取り、変質層の除去、磨き、焼入れ後の修正などの後工程が不要
  • 被加工材にマイクロクラック、結晶構造の変異、熱衝撃の影響なし
  • 作業環境に配慮した電解液の制御循環システム

径に対する研削長の比率 最大150倍のドリルを研削する唯一のツール

写真

ロロマティック社 : 砥石自動交換システム搭載CNC6軸ロングドリル研削盤「GrindSmart 528XF」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • 研削径 0.5-12mm
  • 稼働する直動軸数の抑制を可能にしたZp軸が芯厚誤差を低減
  • 特許申請中のSmartGuideダブルサポートが熟練の調整作業を不要にし、段取り時間も大幅に短縮
  • 回転同期砥石モータがもたらす安定した連続生産
  • CCDカメラによるクーラントホールφ0.05㎜の穴位置検出

精度の安定性に優れたロロマティックベストセラー

写真

ロロマティック社 : 砥石自動交換システム搭載 CNC6軸汎用工具研削盤「GrindSmart CNC628XW」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • 研削径 0.1-20mm
  • 砥石回転同期スピンドルが優れた面粗さと、熱膨張を抑制した安定した連続生産を実現
  • 砥石4枚まで対応する砥石アダプタを最高6式の搭載が可能
  • 砥石アダプタ着脱後の砥石振れ精度2μm以下を保証
  • 砥石アダプタ用クーラントノズルの正確な機外段取りが可能

多段、長尺ワークの加工の代名詞

写真

ロロマティック社 : CNC5軸多段円筒研削盤「ShapeSmart NP5」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • 研削径φ0.025~20mm、最長330mm
    高精度工具ブランク、金型用コアピン、精密パンチピン、
    フラット面加工に対応
  • シャンク基準加工による優れた多段同芯度
  • 粗・仕上げ研削のワンパス加工方法が可能にする長尺ワーク加工
  • 粗砥石マルチパスによる粗加工時間の短縮
  • ロボットローダとインプロセス測定による無人運転

切削工具ブランク加工の仕様に限定することで、価格を抑えた新しい選択肢

写真

ロロマティック社 : CNC3軸切削工具ブランク研削盤「ShapeSmart NP3」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • 研削径 φ0.5~20mm、最長 330㎜
  • パワフルな砥石スピンドルが高い生産性を実現
  • 3軸ロボットローダを内蔵し、最大約1000本の連続自動生産を確保
  • 簡単調整のガイドシステムによる同芯度2μm以内の高精度研削
  • 研削前の工具リファレンス長を測定する機内プローブがネック、溝加工済みツールの加工に対応

高精度砥石プリセットによる稼働率向上と不良品ゼロ

写真

ロロマティック社 : 砥石プリセッタ「EasySetUp」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • 研削ソフトVirtualGrind Proを利用し、砥石の研削点を正確に測定
  • リアル砥石データを利用した高精度3次元工具シミュレーションが可能
  • ドライランを不要とし、機械の稼働率を向上
  • ロロマティック砥石アダプタ PerfectArborによる高精度測定

研削仕上げ面が向上し、スピンドルベアリング寿命も改善

写真

ロロマティック社 : 砥石自動バランサ「BMT200S」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • 砥石最大径 270mm
  • 1,600rpmの砥石アンバランス測定
  • アンバランス位置用レーザーポインタ
  • 校正済みバランス調整用M4ネジ一式付属

W&Bタイプコレットの歴史はシャブリンと共に始まり、素材から一貫生産されたコレットは、多くの工具研削盤に採用され続けています。

写真

シャブリン社 : 引き型 W&Bコレット

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • 安定した品質を生む合金鋼素材の選定、焼入れ処理、機械加工の一貫生産
  • 用途に合わせて標準、高精度仕様の選択が可能
  • 著名な工具研削盤メーカが選択する信頼
    シャブリンは以下の工具研削盤で採用されています
    スイス:ロロマティック社製工具研削盤
    オ-ストラリア:アンカ社製工具研削盤
    ドイツ:ワルター社製工具研削盤
    スイス:エバーグ社製工具研削盤

コレットを傷つけることなく、簡単、短時間に振れを調整し、工具シャンクから刃先にわたり振れ誤差2μm以下を実現

写真

シャブリン社 : 振れ調整機能付きチャック「SRS」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • コレットの振れ中心と回転軸の回転中心を調整することで振れを抑制
  • 6つの振れ調整ネジは直接的な接触がないためコレットの寿命を維持
  • 幅広い工具径に対応し、工具径に応じてチャック交換は不要
  • 熟練経験不要で3分以内での調整が可能
  • ドローバを回すことなく、セットアップキーを利用してフロント側からコレットを着脱

写真

シェイク社 : 卓上型X線CTスキャナ「SHR CT-50」

西展示棟(West Exhibition Hall)【W3043】

  • 設置場所を選ばないコンパクトサイズ
    ⇒現場に限らずオフィスでも使用可能。正解最小サイズのCTスキャナ
  • 自社開発X線源によるシャープな映像
    ⇒X線源の開発・内製が可能なため、目的に併せた線源を生み出せる
  • 高感度ディテクタにより高速にして高精細撮像を両立
    ⇒透過性の高い樹脂部品などでも、鮮明な映像を得られる
  • 400スライス / 10分を可能にするソフトウェア
    ⇒撮像と3Dモデル構築を並行して実行し、総計測時間を短縮
  • STLデータ化すれば、様々な用途で利用可能
    ⇒非破壊断面観察、3D寸法測定、断面寸法測定、形状評価、リバースエンジニアリング、3Dプリンタによる造形の元データとして etc

砥石自動交換システム搭載 CNC5軸工具研削盤

写真

ストラウザック社 : 砥石自動交換システム搭載 CNC5軸工具研削盤「U-Grind」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】

  • 段取り替えが容易な簡易セットアップ
  • 干渉回避と多種の工具加工に貢献する砥石チェンジャ搭載
  • ゆとりのある機械軸ストロークで幅広い工具サイズに対応
  • 特殊工具への拡張性を高めるNumroto plusソフトウェア

高速ファインマーキング

写真

サンインスツルメント社 : ファイバーレーザーマーカ

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】
SUN Instrument,Inc : Fiber Laser Marker「YS-FB20」

  • メンテナンス性に優れたファイバーレーザを搭載し、10万時間の長寿命
  • 高速ガルバノスキャナを搭載し、高速マーキングを実現
  • 光学系、制御系、機械部品の集積化による省スペース設計

部品内部のバリ取りに絶大な効果

写真

エーティーエル社 : サーマルデバリングシステム

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】
当機種はパネル・サンプル展示となります。

  • 可燃ガスによる高温 2500℃~3500℃の短時間20ms処理で
    部品内部のバリを消滅
    スチール、鋳鉄、アルミ、真鍮、亜鉛、銅などの材料に対応
  • ワーク形状に依存しない高い自由度
    多穴ワークの油圧機構部品、自動車部品ダイカストに効果
  • ローディング、アンローディングを含め平均処理時間約2分

最上の研削精度と表面性状、高い生産性を兼ね備えた新型機

写真

ブローム・ユング社 : CNC超精密平面及びプロファイル研削盤「J600」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】
当機種はパネル・サンプル展示となります。

  • 最適な減衰性と平滑性を備えるEasySlideガイドウェイ
  • 完全対話方式による迅速かつ簡便な研削プログラム作成
  • PA37K連続ツルーイング研削
  • ポリゴン研削システム

高流量(600-700ℓ/分)のメディアを的確な角度で設定してブラスト処理することで高い処理能力と平滑性に優れた表面処理を実現

写真

グラフ社 : 湿式ブラスト処理装置「COMPACT Ⅱ PLUSシリーズ」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】
当機種はパネル展示となります。

  • 流体拡散を抑制した独自のブラストガンによる効率的な処理
    HSSホブφ80 x L180mm、1本 バリ取り及びホーニング 約5分
    超硬エンドミルφ10x 70mm 、44本、ホーニング 約20分
    インサート用ホルダφ80x60mm、30本、バリ取り 約90分
    超硬インサート穴付き50個、コーティング後の表面仕上げ 約4分
  • 適正な流体管理と移動式マルチブラストガンによる高い再現性
    インサート刃先R50μm +/-5μmの再現性が安定的に確保され、+/- 2μmの形状維持も可能
  • すすぎ機能がハイス材の腐食を予防

比類なき高速溝研削を実現する専用機

写真

ハウクス社 : CNCタップ溝高速研削盤「GS635」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】
当機種はパネル展示となります。

  • 液中研削が焼けを抑制する高速加工を実現
  • 高速加工を追求したタレット式ワークヘッド最高3本のタップのクランプが可能
  • 研削液が満たされた専用のチャンバー内で高速クーラントを利用し、タップ溝を異次元の高速送りで加工

欧州大手発電メーカと共同開発された理想的なタービンブレード加工機

写真

ハミュール社 : タービンブレード 高速ターンミーリングセンタ「HSTMシリーズ」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】
当機種はパネル・サンプル展示となります。

  • スパイラルラフィングパス(特許取得)による粗加工時間の大幅削減
  • 最適なブレード加工、優れた表面性状を達成するデザインコンセプト
  • オリジナルCAMソフト“Blade Mill”による優れた作業性と加工の最適化
  • CO2ガスクーラント採用によるコスト削減
  • レーザクラッディングシステムによるブレード補修加工の自動化対応

ブレードの背腹・エッジの自動仕上げを実現

写真

アイエムエム社 : タービンブレードベルト研削盤「MTS & SPE」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】
当機種はパネル・サンプル展示となります。

  • 従来の手仕上げと比較し、加工時間を70~90%短縮
  • 高い研削能力により、前工程のミーリング時間も大幅に短縮
  • 専用CAD/CAMソフトウェアから加工プログラムを作成
  • チタンやニッケル合金などの難削材も湿式研削で対応
  • 翼面形状の均一化、面粗さの飛躍的向上を実現

ダイヤモンド工具の粗加工から仕上げ加工まで可能

写真

レーザープラス社 : ダイヤモンド工具仕上げレーザー加工機「RayCutter」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】
当機種はパネル・サンプル展示となります。

  • 加工範囲(X×Y×Z): 400×250×100mm
  • 独自レーザのシャープエッジ仕上げによる刃物寿命の向上
  • 高剛性機体構造が実現する高精度加工
  • 同時5軸制御による高い汎用性
  • 自動加工プロセスがもたらすインサート工具の優れた生産性

スピード、精度において切削をはるかに超えた自動研削システム

写真

メーゲレ社 : 生産型グラインディングセンタ「MFP/MGCシリーズ」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】
当機種はパネル・サンプル展示となります。

  • 油静圧スライド&ハイパワーモータによる高負荷クリープフィード加工
  • CDドレスをはじめとする多彩なドレスユニットに対応
  • 5/6軸等、多面&複合形状への対応
  • ATC(砥石/切削工具/プローブ)対応で多彩なプロファイル形状に対応

表面処理の総合メーカー

写真

ワルサートローバル社 :
工具Rホーニング装置 「TMD6/2 & 4/2」
ドラム型コーティング装置 「RotamatR90」

東展示棟(East Exhibition Hall)【E2003】
当機種はパネル・サンプル展示となります。

  • 工具Rホーニング装置をはじめ多種多様なワーク形状に合わせたバレル研磨装置や ショットブラスト装置をリリース
  • 自社開発メディアによりさまざまな要求に応じたワークの表面処理を実現
  • 専用のクランプ治具によりタービンブレードやインプラントなどの鏡面仕上げ加工にも対応
  • 環境対策として排液処理装置搭載可能
  • 塗料消費を抑え効率的な塗装を可能とするドラム型コーティング装置

YKT株式会社ホームページが提供する情報・映像・音声等を、権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
また、リンクを希望される方は、お問い合わせから必ずご連絡いただきますようお願いいたします。
ページのトップへ戻る
プライバシーポリシー  YKT行動規範  内部統制基本方針  採用情報  サイトマップ
Copyright © YKT CORPORATION. All rights reserved.