YKT株式会社

製品情報

製品情報
ハンガリー

コテム/キューブイアイ社

 [ハンガリー]
KOTEM/QVI - HUNGARY
コテム/キューブイアイ社 複数のフィッティング条件を備えた3D形状解析ソフトウェア

2D/3D形状解析ソフトウェア

KOTEM 2D/3D形状解析ソフトウェア SmartFit3D

KOTEM 2D/3D Fitting & Analysis Software - SmartFit3D
部品 金型 工具 タービンブレード 検査・測定

【主な特長】
1.3D CADモデルと測定点群データをフィッティング後比較
2.形状の重要度や公差の考慮など、目的に合わせて9つのベストフィット条件から選択可能
3.組み付けの位置合わせなど、品質の管理だけでなく製造工程にも使用可能

2D/3D形状解析ソフトウェア SmartFit3D

SmartFit3D(スマートフィット3D)は、高速・高精度で信頼のおける2次元及び3次元でのフィッティングと形状解析を行うソフトウェアです。CADモデルを規格値とし、様々な測定機から出力された測定点群データを用いて解析を行います。


SmartFit3Dにできること

  ● 公差内に入るように点群をフィッテング   ● 組立の問題を発見し、よりよい目標座標を定める
  ● 複合面上の輪郭公差の評価   ● What-if分析を用いて製造過程の問題を解決する
  ● 加工に最適な座標系(位置・姿勢)を求める   ● 組み付け状況を解析し、修正に関して助言する
  ● 実現可能な最高の公差を決定する    

一般的な操作手順

一般的な操作手順

目的に合わせて使い分けのできる9つのベストフィッティング手法

読み込んだ測定点群データは、規格値となるCADモデル・図面・点群などに対して"ベストフィッティング"により最適な位置に移動することができます。
この"ベストフィッティング"機能は、CADモデルと測定点群データの比較評価を行う際に非常に重要な機能であり、SmartFit3Dでは9つのフィッティング手法を装備しています。

  ● 最小二乗法   ● 偏差の均一化
  ● 平均二乗差(RMS)   ● 標準偏差の最小化
  ● 偏差合計の最小化   ● 公差を用いた判定
  ● 最大偏差の最小化   ● 公差を考慮に入れた最大誤差の最小化
  ● 加工しろ確保    
 

例:フィッティング条件によるタービンブレードの形状評価の違い

  • 最小二乗法
    最小二乗法
  • 公差を用いた判定
    公差を用いた判定
  • 加工しろ確保
    加工しろ確保

測定点自身の精度は0.1mm程度にも関わらず、フィッティング条件の影響により約10mmの差が出ていることがわかります。

組み付けの位置合わせなど、品質管理だけでなく製造工程支援にも使用可能

機械加工をする際の最も最適な部品の姿勢や位置を、公差帯域内で最大偏差を最小化するフィッティングで求められます。

SmartFit3Dを使うことで、様々な製造工程上の問題に対する解決策を提示することが可能です。

お問合せ・資料請求
YKT株式会社ホームページが提供する情報・映像・音声等を、権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
また、リンクを希望される方は、お問い合わせから必ずご連絡いただきますようお願いいたします。
ページのトップへ戻る
プライバシーポリシー  YKT行動規範  内部統制基本方針  採用情報  サイトマップ
Copyright © YKT CORPORATION. All rights reserved.