YKT株式会社

製品情報

製品情報
アメリカ

アイエムエム社

 [ドイツ]
IMM - GERMANY
アイエムエム社 タービンブレードの仕上げ加工は自動化の時代へ
タービンブレードベルト研削盤 MTS & SPE

タービンブレードベルト研削盤 MTS & SPE

CNC6 axis Turbine Blade Belt Grinding Machine - MTS & SPE
タービンブレード

【主な特長】
1.ブレード翼面の背腹、リーディングエッジ、トレーリングエッジを自動研削仕上げ
2.CNC6軸制御、専用CAD/CAMソフトウェアにより複雑な翼面形状にも対応
3.手作業による仕上げ加工と比較して大幅な加工時間短縮をもたらすと共に、面精度・形状の均一化を実現
4.仕上げ工程で加工能力が高まることにより、前工程のミーリング時間を短縮

PDFカタログ(約1881KB)


タービンブレードベルト研削盤 MTS & SPE
中型~大型ブレード向けMTSシリーズ   /   小型ブレード向けSPEシリーズ


磨き装置メーカーとして50年以上の歴史に裏打ちされたアイエムエム社の技術は、航空機や発電機用タービンブレードの翼面仕上げ加工に活かされています。
ブレードの背腹・リーディングエッジ及びトレーリングエッジの自動研削、翼面形状の均一化・面精度の飛躍的向上の実現を可能とし、これまでにない高い生産性をもたらします。
世界をリードする航空機・発電メーカーでブレード仕上げの標準機として広く採用されています。

加工実績例

MTS機による中型ブレードの仕上げ加工
[スチームタービンブレード]
ブレード:翼長502mm、幅116mm
加工取り代:スカラップハイト0.25mm
加工箇所:背腹面、リーディング・トレーリングエッジ
加工時間:32分
面粗さ:0.8Ra

SPE機による小型ブレードの仕上げ加工
[ガスコンプレッサブレード]
ブレード:翼長198mm、幅96mm
加工取り代:スカラップハイト0.05mm
加工箇所:背腹面、リーディング・トレーリングエッジ
加工時間:7分
面粗さ:0.6Ra

 


[チタンファンブレード]
ブレード:翼長600mm、幅200mm
加工取り代:鍛造後0.1mm
加工箇所:背腹面
加工時間:25分
面粗さ:0.8Ra

タッチパネル

[MTS機による大型タービンブレード仕上げ加工]


[SPE機による小型タービンブレード仕上げ加工]


ミーリング工程短縮実績例

後工程の手仕上げと比較して、IMM機によりブレード仕上げ能力が高まるため、ブレードミーリングの仕上がり状態を粗くできます。
IMM機の導入により仕上げ工程だけでなく前工程でも加工時間を短縮できます。

ミーリング工程を45分・磨き工程を30分の合計75分の短縮を達成!

[MTS機導入前]
ミーリング後スカラップハイト  ⇒  0.15mm
手仕上げによる磨き工程加工時間  ⇒  約40分

[MTS機導入後]
ミーリング後スカラップハイト  ⇒  0.4~0.65mm
MTS機による磨き工程加工時間  ⇒  約10分
ミーリング加工時間を約45分短縮

機械仕様

  MTS1000 MTS1600 MTS1800 SPE
X軸 1000mm 1600mm 1800mm 250mm
Y軸 400mm 500 - 800mm 500 - 800mm 250mm
Z軸 330mm 500mm 500mm
(オプション750mm)
A軸 360° ±20°
B軸 ±45° ±90°
C軸 ±90° 360°
ベルトドライブ ベルト長:3500mm
ベルト幅:30mm
ベルト長:1750mm
ベルト幅:18mm
コントローラ シーメンス社製 SINUMERIK 840D
ソフトウェア カーマイックス社製 専用CAD/CAMソフトウェア

※MTSシリーズはご要求に応じて様々なオプションサイズがございます。

お問合せ・資料請求
YKT株式会社ホームページが提供する情報・映像・音声等を、権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
また、リンクを希望される方は、お問い合わせから必ずご連絡いただきますようお願いいたします。
ページのトップへ戻る
プライバシーポリシー  YKT行動規範  内部統制基本方針  採用情報  サイトマップ
Copyright © YKT CORPORATION. All rights reserved.